記憶力や集中力が増す食事やその成分などの解説

記憶力や集中力を司るのは当たり前ですが脳です。

nou

その脳の中の海馬という場所が、パソコンのメモリーのように一時的な記憶保管をしてくれる場所であり、この海馬が委縮するとアルツハイマー型認知症の発症につながることもわかってきています。

ですから海馬に日常的に良い刺激を与え、活性化することが記憶力や集中力を高めることでもあり、委縮を防ぐ大きな手立てにもなるのです。

海馬が活性化されると記憶出来る量も増やすことが出来ると言われており、適度な刺激を与えるためには「脳トレ」と呼ばれる簡単なゲームをしたり、ジョギングや軽い運動もよく、速読などもよいと言われています。

それと共に重要なのが食です。

 

記憶力や集中力はブドウ糖が大事

脳のエネルギー源がブドウ糖のみであるということはよく知られていることですが、脳は睡眠中ですら働いている(夢を見ることで記憶の整理などを行っている)ため、実は朝の脳はブドウ糖不足に陥りがちです。

朝起きてなんだかフラフラするとか、めまい、頭痛、目のかすみ、動悸、疲労感などなどの症状がある場合は、血中のブドウ糖不足による軽い低血糖症になっている場合もありますので強い空腹感なども感じるならばすぐにジュースを飲んだり、果物を食べたり、あるいはブドウ糖そのもののタブレットを日頃から常備しておくなどして、すぐに血糖値を上げるようにする必要があります。

この状態を放っておくと、より低血糖状態が進み、症状は更に深刻化したり意識混濁を起こす場合もあり、そこまでいかなくてもこういったことが度々起こると脳そのものにもダメージを与えてしまいかねません。
何かの症状が出るほどには至らなくても、誰もが朝には血中のブドウ糖がかなり減少していることは確かですので、出来るだけ早く補充してあげる必要があります。

その為にも、朝の食事を摂ることは大変有効で、特に意識した食事を作らなくても、米そのものにかなりの糖分が含まれているのでたとえばおにぎりとか、ご飯と味噌汁だけでも食べておくのと何も食べないのとでは大きな違いがあります。

とはいえ、もちろん摂りすぎはよくありませんし、実際現代の日本人の多くは糖を摂りすぎているとも言われていて、その為に糖質制限、炭水化物制限などをしている人も多く、そのあたりのバランスの取り方はなかなか難しいところではあります。

だからこそ、上手な糖の摂り方というものが大切であり、脳を守るためにも心がけなければならないのです。

脳に良いとされているDHAとEPA

海馬を活性化させ記憶力や集中量をアップさせるために有効なのはブドウ糖だけではありません。

テレビなどマスコミでもよく取り上げられ各メーカーもたいていサプリメントとして販売していて最も世間に広く知れ渡っている「DHA」というものがあります。

DHAはサバやイワシなどの青魚の魚油に多く含まれる脂肪酸で、必須脂肪酸のうちのオメガ3脂肪酸の1つ不飽和脂肪酸という種類の脂肪酸になります。

DHAそのものの効果はコレステロールや中性脂肪の低下、血圧を下げる、動脈硬化の予防などたくさんあり、血液そのものを改善することで結果的に脳に綺麗な質の良い血液を回すことが出来ることで「頭がよくなる」につながっている部分も大きいです。
日本人にとって青魚は大変なじみのあるもので食べる機会も少なくはありません。

焼く、煮物にする、揚げ物でとか調理方法も種々ありますが手軽に摂りたい場合は缶詰を食べるという方法もあります。

缶詰は骨まですべて食べられますしDHAを最も効率的に摂取するにもとても良いのです。
このDHAと共に注目されているEPAという、同じく青魚に多く含まれる必須脂肪酸がありますが、サプリメントなどはどちらか単体というよりも一緒に配合しているものも多く、期待される効果などもだいたい似たようなものが多くどちらかというとDHAのサブ的なイメージでもありますが、普通に青魚を食べれば両方ともを摂取することが出来ます。

更に、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンという物質も記憶や学習、睡眠などにも深く関わっているのでこれの十分な分泌を促すことも重要です。

といってもこれも強すぎるとパーキンソン病などの発症にもつながるためバランスを取ることが大事なのですが、このアセチルコリンが減少している場合、それに効果があるのがレシチンです。

レシチンは、大豆製品や、卵黄、またレバー、ナッツ類にも多く含まれていてこちらも簡単に摂取しやすい食品がほとんどです。

記憶力や集中力を増す食事として和食はべスト!

そして糖も含めてこういったものの摂取をトータルで考えた時に真っ先に思いつくのはやはり和食です。

和食には日本人の腸に合った植物性乳酸菌が含まれるもの(味噌、漬物、納豆など)も多く、脳のためにも最も理想的な食事とも言えます。

1日の始まりである朝食だけでも和食にすることはその日の記憶力や集中力を高める為にもとても良い習慣となりえます。

更に必要ならば、前述したサプリなども併用するとより効果的ともいえるでしょう。